JDA(Japan Denture Association)

ブリッジ,インプラント,義歯などの欠損補綴治療において,ペリオベースの臨床を実践している歯科医師,歯科技工士のグループです
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | - |
    << 日本顎咬合学会に参加しました | main | 2009年度 第2回 JDAmeeting >>

    2010年第2回JDAmeeting

    0
       2010年9月4日(土)9:00-19:00
      会場;秋葉原UDX
      午前 9:00-12:00
      開会の挨拶 Dr阿部二郎
      インプラントオーバーデンチャー座談会
      Dr田中譲治:上顎のIOD
      DT須藤哲也:IOD患者満足度を上げる技工ステップ       
      Dr阿部二郎:SR-Phonaresを使ったIODの審美
      Dr亀田行雄:下顎IODによる奥噛みの達成
      Dr.Frank R Lauciello:Implant Overdenture
      2011年10月にJDAに,インプラントオーバーデンチャーの権威である,ルーベン大学ナート教授を招聘いたします.それに先立ち,現時点でのIODの可能性や課題について,4名の演者と,Kreyer先生およびLauciello先生にてディスカッションを行いました.

      午後 13:00-17:00
      Mr. Robert Kreyer特別講演
          
      総義歯の審美 "Complete Denture Esthetics"
      Robert E. Kreyer 氏は,翌日講演するDr. F Laucielloと共にアメリカでセミナーを行っていて数多くの著書を発行している技工士です.
      また、Candular社の技工セミナーの立ち上げに貢献している技工士で,Ivoclar Vivadent社のアメリカ BPS テク二カルインストラクターでもあります.
      イギリスのプライスケル先生とのインタビュー記事など多彩な技工士です.

      17:00-18:00

      JDA メディアインタビュー
      出版各社とのインタビューを開催しました.
      メディアインタビューの内容はインサイトのホームページに詳しく掲載されています.→インサイトHP


      18;00-19;00
      Dr斎藤善広 吸着義歯デモンストレーション

      日本歯科新聞より




      JDAの活動2010年 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://denture.jugem.jp/trackback/64
        この記事に対するトラックバック