JDA(Japan Denture Association)

ブリッジ,インプラント,義歯などの欠損補綴治療において,ペリオベースの臨床を実践している歯科医師,歯科技工士のグループです
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | - |

    有床義歯のガイドライン

    0
      日本歯科補綴学会が主導で作成された有床義歯のガイドラインです.
      某執行部の先生に聞きましたが,厚生労働省の役人主導で作ったらしいですが,,,

      有床義歯のガイドライン2008
      おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      合わない入れ歯は口内がん危険分子??

      0
        この様な記事もありました.

        合わない入れ歯は口内がん危険分子??
        〜長年使用や不潔が原因か〜
        入れ歯は、口の中の粘膜表面にできる扁平(へんぺい)上皮がんの危険性を高めるとの研究結果を、新潟大の朔敬教授(口腔病理学)らがまとめました。
        同教授は、「長年の使用で変形して擦れることや、アレルギー、手入れの悪さが原因だろう」として、定期的な受診を勧めています。

        このことは、福岡市で平成16年9月29日に開催する日本癌(がん)学会で発表されます。
        朔教授らは、新潟大病院で受診された扁平上皮がん患者80人と、通常の浸潤性口腔がん患者100人を比較しました。
        上皮がんは、歯の治療を受けた人に多い傾向があり、入れ歯の周囲などでの再発は平均約3回と、通常の3倍でした。 また、口内のがんの主な危険因子とされる飲酒、喫煙の量は上皮がん患者に関しては通常のがん患者よりかなり少ないようです。

        こうしたことから朔教授らは、「入れ歯などは上皮がんの危険因子の一つ」と結論づけました。(1)骨の変形で形が合わなくなった、(2)素材が溶け出してアレルギーを起こした、(3)手入れ不足で不潔な状態だった−のため、炎症が持続的に起きたのが原因であると推測しています。
        (平成16年10月2日 埼玉新聞朝刊)

        おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        骨粗鬆症薬で顎骨壊死の報道

        0
          結構骨粗鬆症薬は服用している患者さんが多いです.
          報道をペーストしておきます.
          **********************
          骨粗しょう症薬であご骨壊死
          歯科治療後 副作用、全国で30人
           骨粗しょう症の代表的な治療薬「ビスフォスフォネート(BP)製剤」を使っている人で、歯科治療後にあごの骨が壊死(えし)するなど副作用に見舞われている人が全国で少なくとも30人に上ることが日本口腔(こうくう)外科学会(理事長=福田仁一・九州歯科大学長)の調べで分かった。
           薬と抜歯などの治療後の細菌感染が重なったのが原因とみられる。
           国内では、高齢の女性を中心に骨粗しょう症患者は約1000万人と推定され、100万人以上がBPを服用していると言われている。厚生労働省は、BP使用によるあごの骨の壊死に関連する副作用の診断基準などを掲載した重篤副作用疾患別対応マニュアルを早急にまとめ、患者や医師に注意喚起する方針だ。
           BPは、骨の代謝を抑える作用があるほか、がんの骨転移による骨壊死を防ぐ働きもある。
           同学会は昨年、BPを普段使っている患者に、抜歯後の穴が埋まらず骨が露出し、あごの骨が腐ったり、炎症が悪化したりする副作用が続出したのを受け、全国の主な歯科治療施設239か所を対象にアンケート調査を実施した。
           その結果、30人があごの骨が腐る、骨髄炎などの重い「副作用」を起こしていたことが判明。平均年齢は66・9歳で、女性が26人と大半を占めた。乳がん治療などの一環として注射を受けている人が25人と多く、骨粗しょう症治療のために錠剤を飲んでいる人は5人だった。
           副作用が出たのは、抜歯後が16人と最も多く、インプラントや義歯装着でも発症。歯周病など口内に問題があって発症したケースも5人いたという。
           福田理事長は「BPを使っている患者は、歯科治療の際に必ずその旨を歯科医に伝え、BPを処方する医師も副作用について十分説明することが重要だ」と話している。
          (2008年1月4日 読売新聞)
          おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          後期高齢者の保険証の番号

          0
            後期高齢者の保険証の番号について,厚生労働省保険局 高齢者医療制度施行準備室より通知があります.

            1 保険者番号: 法別番号2桁+都道府県番号2桁+市町村番号3桁+検証番号1桁(計8桁)
            (1) 法別番号:39
            (2) 都道府県:01〜47
            (3) 市町村番号:
            (4) 検証番号:以下により算出した番号。

             )(免峭罅都道府県番号及び市町村番号の各数に末尾の桁を機転として順次2と1を乗じる。

            ◆´,濃蚕个靴神僂力造魑瓩瓩襦ただし、積が2桁となる場合は、1桁目と2桁目の数字の和とする。

             10と△濃蚕个靴真字の下1桁の数との差を求める。これを検証番号とする。ただし、1の位の数が0のときは検証番号を0とする。

            事務連絡 平成20年2月25日
            おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            リヒテンシュタインの隠し口座、欧米各国が一斉調査

            0
              歯科とは全く関係ないですが,以下のような国際記事もありました.

              リヒテンシュタインの隠し口座、欧米各国が一斉調査
              2008年02月29日20時29分

               「タックスヘイブン」(租税回避地)と指摘されるアルプスの小国リヒテンシュタインの銀行顧客情報をドイツや英国の当局が入手し、欧米各国が脱税容疑で口座所有者への捜査に乗り出した。日本の当局にも情報が提供されたとの報道もある。富豪や犯罪組織の隠し口座の存在が取りざたされてきたタックスヘイブンにメスが入るのか注目されている。

               → 詳しくは
              おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              国立感染症研究所など、特定の乳酸菌による虫歯予防効果を実証

              0
                 国立感染症研究所は19日までに、東京医科歯科大学、ビオフェルミン製薬との共同研究で、乳酸菌の一種「フェーカリス菌BIO−3B株」の虫歯の形成に対する阻害効果を確認したと発表した。BIO−3Bはビオフェルミン製薬の整腸剤などに含まれている成分。
                 ビオフェルミン製薬によると、歯の表面を再現した実験で、虫歯菌を単独培養したものと、虫歯菌とBIO−3Bを混合培養したものを比較した時、混合培養した方には虫歯の原因となる菌のかたまり「バイオフィルム」が形成されなかった。他の種類の乳酸菌で同様の実験を行っても、効果が得られなかったことから、乳酸菌の中でもBIO−3Bに有用性があるとしている。同社は今後、虫歯予防のための医薬品や食品への応用が見込めると期待している。

                おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                医療法人の定款変更締切り迫る 

                0
                   2月25日の都道府県担当者会議で、厚生労働省医政局指導課の金森指導官は、昨年4月の改正医療法施行に伴い、すべての医療法人が今年3月31日までに定款(寄付行為)変更を申請する必要がある点を強調し、まだ手続きをとっていない医療法人に早期の手続きを呼びかけるよう要請。その上で、4月1日以降も定款変更を申請しない場合には、厳格な指導を行うよう求めた。
                   2006年度の医療法人制度改革では、医療法人の解散時の残余財産を国や地方自治体、公的医療機関などに帰属させるほか、医療法人の透明性確保や管理体制強化などの観点からも制度改正が行われた。
                   このうち残余財産の帰属については「当分の間」の経過措置が認められたが、同省が昨年公表した定款例(モデル定款)に新たに盛り込まれた規定のうち、例えば…
                  ▽事業報告書や財産目録、貸借対照表、損益計算書などの書類作成と都道府県知事への届出(第15条)
                  ▽監事の職務(第16条)
                  ▽社員総会・理事会の議長選出や臨時総会の招集、議長選出(第23条)
                  ▽法人の公告の方法(第36条)
                  ――などに関する規定については、すべての医療法人が定款に反映させる必要がある。
                   定款変更の申請期限は改正法の施行日から1年以内(今年3月31日まで)とされており、期限内に申請しなければ、最悪の場合、法人の設立認可が取り消されることもあり得るという。
                  おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  歯科診療所数

                  0
                    歯科診療所数6万7,869施設−平成19年11月末
                     厚労省の施設動態調査による平成19年11月末現在の歯科診療所数は全国で6万7,869施設となり、前月より26増えた。開設者別歯科診療所数の個人は5万7,209施設、医療法人は1万2施設となっている。

                    コンビニを越えたのは数年前だったかな?(4万件?)
                    おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    フッ素洗口の効果を実証−新成人の虫歯が全国平均の半分以下/静岡県

                    0
                       子どものころにフッ素洗口に取り組んだ静岡県川根町の新成人は全国平均に比べ虫歯が大幅に少ないことが、川根町歯科保健委員会、榛原歯科医師会などが同町の新成人に行った歯科検診結果で分かった。歯科保健委員会の又平基史会長は「フッ素洗口は、安全で有効な虫歯予防法。全県に広めていきたい」と意欲を示す。
                       検診をした新成人は、4―14歳までフッ素洗口に取り組んだ62人。1人当たりの平均虫歯数は2.7本で、全国平均(平成17年厚生労働省歯科疾患実態調査二十歳推計値)の半分以下だった。さらに、虫歯が10本以上ある人は1・6%で全国平均の25・0%を大幅に下回るなど、複数の虫歯を持つ人が大幅に少なかった。
                       同町は平成元年から、保育園で週5回、小中学校で週1回フッ素洗口に取り組んでいる。昭和59年の県学校歯科保健健康診断で、12歳の子どもの虫歯数が75市町村中最も多かったが、フッ素洗口開始後の平成15年には虫歯の少ない市町村3位となった。
                       県は、「しずおか健康創造21アクションプラン」で平成22年度までに、県内の小学校のフッ素洗口実施率を20%(100校)に上げる目標を掲げている。昨年度の実施校は約11%、60校。同プランがスタートした平成13年度から新たに開始したのは、10校ほどにとどまっている。
                       県健康増進局は「各学校の理解が必要だ。確実に効果が出ていることを知って、地域の保健機関と連携を取り進めてほしい」と呼び掛けている。

                      おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

                      携帯電話で世界最多の17言語に翻訳 サービス開始へ

                      0
                        国際電気通信基礎技術研究所(ATR=京都府精華町)は27日、携帯電話の画面に日本文か英文を入力すると、17カ国語の文章に自動翻訳するシステムを開発し、31日から一般向けのサービスを正式に始めると発表した。ATRによると、電子翻訳としては世界最多言語。ネットに接続できる携帯電話ならどれでも利用可能で、利用料金は無料だが、1年後に有償化の予定。
                        携帯電話画面に17カ国語の翻訳文を一度に出すこともできる=ATR提供

                         ATRは、単語ごとに意味を記録し、外国語に置き換える従来型の方法を採らず、文章同士を比較してデータベースのなかからもっとも近いものを選び出す「コーパスベース翻訳」という手法を採った。1言語当たり、平均6、7個の単語からなる約20万の同内容の短文のデータベースをつくった。100以上の特許を申請、取得している。旅行会話用としてTOEICで600〜700点台の能力があるという。

                         携帯画面で多言語翻訳システムのサイトに接続し、日本語か英語で文章を入力すると、ATRのサーバーが、数秒のうちに17カ国語の翻訳文を携帯に送り返してくる。その文章を日本語にさらに翻訳させることで翻訳文の精度も確かめられる。

                         日本語から翻訳できる言語は以下の通り。英、独、デンマーク、オランダ、仏、イタリア、スペイン、ポルトガル、ブラジル、中国、韓国、ロシア、アラビア、インドネシア、マレー、タイ、ベトナム。

                         ATRは、言語自動翻訳システムの開発に20年にわたって取り組んできた。音声から音声への翻訳システムもめざす。
                        asahi.comより
                        おまけ(歯科医療情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |